シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Litecoin(ライトコイン)の今後、ビットコインとの違い、取引所、使い道、価格、将来性などについてあれこれ書いてみた



f:id:moneygamex:20180829132207p:plain

かにたまです。

 

星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可のの仮想通貨、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズです。

本日はLitecoin(ライトコイン)について記事にしたいと思います。

 

良かったらご覧ください。

 

※金融庁認可は2018年8月段階。今後、変更の可能性もあることはご了承ください。

 

f:id:moneygamex:20180829132530j:plain

https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

 

 

ライトコインの基本情報

名前:Litecoin(ライトコイン)

通貨コード:LTC

発行上限:8400万枚(BTCの4倍)

承認時間:約2分半(BTCの1/4倍)

半減期:840,000ブロック毎(BTCの4倍)

コンセンサスアルゴリズム:プルーフ・オブ・ワーク(PoW)※BTCと同じです

生みの親:Charlie Lee(チャーリー・リー)

公式サイト:https://litecoin.org/ja/

 

 

ライトコインとは?

www.youtube.com

基本的な説明は上の動画をご覧下さい。

2011年10月に誕生した仮想通貨の中では歴史のある通貨です。

 

f:id:moneygamex:20180829141556j:plain
Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap

2018年8月末、時価総額は7位です。

 

 

f:id:moneygamex:20180829132912p:plain

ライトコインは2011年10月7日、元グーグルエンジニアであるCharlie Lee(チャーリー・リー:上写真)によってGithub(※)上にリリースされました。

※Githubは名の通り「Git」の「ハブ:拠点・中心・集まり」。「Git」は、プログラミングなどを用いた現場でよく使われている「バージョン管理システム」のことを指します。「Git」の仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開することができるようにしたウェブサービスの名称です。

一言で言えば、開発の進行状況などがわかるツールで重用されています。

 

ライトコインは従来のビットコインから派生し、その欠点を解消しました。

“採掘”に必要な機材を省き、送金もより安く早くなりました。

 

チャーリー・リーさんは「ビットコインが金とすると、ライトコインは銀」という立ち位置であると述べています。そして、ビットコインとライトコインは競合するのではなく、共存する。という未来像があります。

 

チャーリー・リーさんの記事(My Vision For SegWit And Lightning Networks On Litecoin And Bitcoin)を見ると、そのビジョンが見えてきます。

 

 ライトコインは、ビットコインのサポートを目的の1つとして作られています。

 

 

ライトコインの特徴、ビットコインとの違い

発行枚数上限がビットコインの4倍

ビットコインの発行枚数上限は2100万枚、一方、ライトコインは8400万枚あります。

 

承認がはやい

ビットコインが10分に対し、承認時間が2分半と、こちらもビットコインの4倍速いです。現状ではビットコインより実用的な通貨といえるでしょう。

 

半減期

ビットコインの210,000ブロック毎に対し、840,000ブロック毎の半減期です。

 

f:id:moneygamex:20180829142117j:plain

Litecoin Block Reward Halving Countdown

時期の目安はライトコインの半減期のカウントダウンサイトで確認できます。

僕が見たときは2019年8月7日頃と記載されていました。

 

採掘コストが安い

ビットコインに比べると電力が抑えられ、採掘コストが安いです。

したがって、マイナーからの評判も悪くなく、Segwitもいち早く採用されましたね。

Segwitとはブロックサイズを拡張することができ、送金できる件数を増やせる技術です。詳細は別記事に記載したのでご覧下さい。

www.bitcoin77777.com

 

 

暗号通貨方式がScrypt(スクリプト)方式

暗号化方式がビットコインと異なります

ライトコインは暗号化方式がビットコイン採用しているSHA-256ではなく、Scrypt(スクリプト)を採用している点でビットコインとは違います。

スクリプトとはハッシュの計算方式のことです。現存する仮想コインの殆どは、採掘の際にSHA256かスクリプトのどちらかのハッシュを用いています。

どうしてビットコインと違う暗号方式をとっているかといいますと、ビットコイン欠点を解消し、採掘が効率よくできてビットコインよりも性能を上げるためです。

 

 

ライトコインの今後

本当の非中央集権化を目指す

2017年6月10日、ライトコインの生みの親のチャーリー・リーさんが当時勤めていたCoinbase社を去り、ライトコインの開発に専念。月に行くように頑張る!ということで非常に盛り上がりライトコインの価格は一気に急騰しました。

 

しかし、2017年12月20日、Charlie Lee(チャーリー・リー)さんが所持しているライトコインを全て売却したとツイッター上で発表しました。

 

当時、人類市場最高バブルと言われていた時期であり、生みの親であるCharlie Lee(チャーリー・リー)さんの発言1つで価格が大きく上昇していた時でした。

そのため、一部から大量のライトコインを持って自分の資産を増やすために発言を行っている。とも言われていたようです。

ゆえに利害対立を避けるために全て売却し、その資金は寄付にあてたとのことです。(詳細はこちら

 

f:id:moneygamex:20180829140504j:plain

しかし、この経営者が自社株を全て売る様な行為に対して、ライトコインはこの機を境に高値を更新しなくなりました。それは2018年8月末現在まで続いています。

 

全売却がちょうどライトコインの価格のピークだったこともあり、懸念が広がっていますが、個人的には、公に出る際も普段の半そで1枚の格好で質素な生活を見ると、ライトコインを高値で売却して大量の資産を蓄えようとする気はなかったと思っています。

 

Charlie Lee: “Democracy Is Better but It’s Less Efficient” | Finance Magnates
Litecoin creator Charlie Lee discusses the issue of decentralisation in cryptocurrencies in a YouTube interview.

このような行為の裏には「ライトコインが本質的に国際的かつ非中央集権的な通貨を目指すのであれば、その中心に運営を行うリーダーが存在していてはならない。」という思いがあり、将来的には上記事にあるように開発からも身を引く意思が見られます。

 

 

チャーリー・リー 

チャーリー・リーさんは感情が表に出やすいタイプです。

 

他通貨、特にライバル通貨と言われるビットコインキャッシュ(BCH)を揶揄(やゆ)する傾向などが見られました。

 

Twitterの更新頻度が高く、最近ではGithubの更新が5ヶ月行われずに開発を行っているのか?(※)とも一部で言われていました。

 

(※)

Githubの更新されていない事に関して「ここ数カ月間Litecoin Core 0.16.2に取り組んできました。見てくれ。」と述べています。実際、0.16を見ると1ヵ月以内(2018年8月)に5つ以上の更新が確認できます。

 

BTCを保有することが確率の高い賭けなのです。だからあなたが予想を立てる前に、まずは何か確かなBTCに投資しなさい。 

このようにライトコインの開発者でありながらビットコイン購入を誘導するようなツイートを行ったりすることが今でもあります。

 

株でこういうことをやると、相場操縦と見られアウトになる可能性があります。

疑いを与えたくないならこういう発信をしなければ良いのですが、仮想通貨への思いが強いために外に出てしまうのかと思われます。

 

将来はライトコインの開発から身を引く予定とのことですが、身を引くまでは、今後も良くも悪くもチャーリーさんに影響されそうな通貨でもあります。

 

 

用途(使い道)

f:id:moneygamex:20180829152905j:plain

Litecoin
Litecoin取引所やビジネス、支払い業者ののグローバルインデックスをみる

ライトコインは小額決済向けの通貨として着実に用途を広げています。

今後も順調に広げていくと思われます。

 

 

ライトコインサミット

Litecoin Summit | Learning about Litecoin

第1回サミットが、2018年9月14日、15日に開かれます。

すでに高速決済と小額手数料を可能にするライトニングネットワーク上でアトミックスワップを通し、ライトコインをビットコインのサイドチェーンとして利用できるとされています。

何か大きな発表があるのではないか?と期待されています。

 

 

ライトコインの将来性

一言でいいますと、ライトコインの将来は「ビットコイン次第」だと思います。

 

ライトコインは、ビットコインをサポートする目的があります。よって、ビットコインを超える事はないと思いますが、伸びしろがあります。

 

ライトコインは仮想通貨の中では歴史がありますし、仮想通貨の中では高い取引高や時価総額を保っています。性能も良く、今後もビットコインが繁栄すれば、一緒に上昇していくと感じています。

 

しかし、用途としては、ビットコインに比べるとまだまだという印象です。

特に小額決済で現状のビットコインよりも有利な面がありますので、ビットコインキャッシュ同様にどれだけ用途が増やせるかが鍵になってくるでしょう。

 

またBCHなどの似たような仮想通貨と違いを見せていくことも重要だと思います。

 

 

 

ライトコインの価格

 

f:id:moneygamex:20180829143447j:plain

乱高下が激しいもののライトコインは長い目で見ると確実に底上げしています。

あまり知られていませんが、2013年末からー97.5%とビットコインも驚愕の下落率を経験しています。

 

 

ライトコインを購入するなら

Bitbank

f:id:moneygamex:20180829155223p:plain

国内取引所ではビットバンクさんがおすすめです。

国内取引所では現状では唯一のライトコインの板取引ができます。

 

口座開設はこちらから ⇒ ビットバンク公式ページ

 

www.bitcoin77777.com

 

Bainance

海外取引所になりますが、バイナンスも良いと思います。

取引所の出来高は世界一であり、手数料も安く、板も他よりは比較的厚いです。

 

口座開設はこちらから ⇒ バイナンス公式ページ

www.bitcoin77777.com

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~

Source: お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

Source: 勝負を分ける仮想通貨の最新情報

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク